メガネの産地はどうして福井なの??

眼鏡産地の基礎を築いた先覚者
増永 五左衛門
 (ますなが ござえもん)
現在、鯖江市を中心とする本県の眼鏡産業は、国内の生産額の90%以上のシェアを誇っていると言われています.

眼鏡フレーム生産が福井に誕生したのは明治38年、先駆者増永五左衛門さんなのです.
増永左衛門さんは明治4年9月生野の豪農増永家に生まれ,若くして村会議員などを務めながら村の発展に尽力した方でしたが農業以外で村の発展に寄与し収入に結びつく仕事を定着させることが永年の願いであったようです.

実は五左衛門さん,鯖江市でのメガネ卸会社 増永眼鏡の先代社長

当店でも増永眼鏡さんのメガネフレームは人気のフレームなんですよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">